逆流性食道炎治療

逆流性食道炎を切らずに改善する根本療法

酸っぱい胃液が込み上げてきて胸焼けがしたり、食道につかえ感が残る。
そんな経験はありませんか? 今、日本人に逆流性食道炎が増えています。

胸焼け・げっぷ・のど痛・胸痛も自律神経機能賦活療法で解消!

当院では食道裂孔ヘルニアの手術 をしなくても自律神経機能賦活療法 で逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニアも改善されます!!改善されないものは本の数%だけです。
手術や入院も必要としない画期的な施術法です!・・・これは真実です!
このサイトは、逆流性食道炎 とは何か?
逆流性食道炎とは胃の中の食べ物や胃酸が、逆流しないように閉まっているはずの噴門がなんらかの原因で開いていたために、食道に食べ物や強い胃酸が逆流して胸焼け・げっぷ・ノドの痛み・胸痛などの症状を起こす病気です。
その対処法や当院の特別な施術法(自律神経機能賦活療法) を紹介するサイトです!必見!!

【当院の治療法と他の病院の治療法の違い:これがとても重要です!】

逆流性食道炎の原因は、食道下部括約筋を支配する自律神経の働きの問題です!
それを西洋医学の治療では、一般的に薬で治療します。

⇒薬で、根本的に自律神経の働きを改善することが出来るのでしょうか?
当院では、頚椎の歪みを正す治療をします!

★その理由:

背骨の中に入っていて、“この背骨の鎧”によって守られているのが、脊髄神経です。
この脊髄神経が背骨から出て自律神経となり、この自律神経が内臓をコントロールするのです。
だから、背骨が歪めば、自律神経を圧迫して、その結果、内臓の働きが悪くなってしまうのです。逆流性食道炎も背骨の頚椎が歪めば、食道下部括約筋の働きが悪くなり、逆流性食道炎になってしまうのです。
だから、当院では、頚椎の歪みを正す治療をするのです。薬で治すのと、頚椎の歪みを治すのと、あなたは、どちらが正論であると思いますか?

  

逆流性食道炎とは?

胃酸過多 、下部食道活約筋の機能低下 、食道裂孔ヘルニアの発生 、食道の蠕動(ぜんどう)運動の低下 などの要因が重なり、胃の中にたくさん増えた強い酸の胃液が食道に逆流し食道の粘膜を攻撃し、その粘膜が傷つき、食道粘膜に炎症や潰瘍(かいよう)が出来てしまう病気です。
などの要因が重なり、胃の中にたくさん増えた強い酸の胃液が食道に逆流し食道の粘膜を攻撃し、その粘膜が傷つき、食道粘膜に炎症や潰瘍(かいよう)が出来てしまいます。
これらが慢性化すれば、食道ガンの原因にもなると言われるだけに放置できない。
これが、『逆流性食道炎』という病気です。